富士フィルムのカメラをWEBカメラにしよう

みなさん、Zoomしてますか!
世の中テレワークが始まって、オンラインミーティングが増えましたよね。

そこで気になるのが自宅の背景やカメラの画質・マイクの音質。
Zoomにはバーチャル背景があるので、そこはどうにかなるけどもカメラの画質はまあまあ、仕方ない感じですよね

FujiFilmのカメラを持っているあなたは、そのカメラがWEBカメラになります!7月9日にMac版も出ました!

ダウンロードは公式サイトから!

公式サイトからインストールして再起動すると、僕のX-T3がしっかりWEBカメラとして認識されてます。

これはiMacの付属WEBカメラ
こちらがX-T3をWEBカメラにしたもの

正直、ここまで画質が良い人がオンラインミーティングに来たらビビりますw

でもここぞと決めたい時や、他の人と一味違った印象を残したいときには良いかもしれませんね。かなりのインパクトがあると思います。ただこのレンズは35mm(換算約50mm)なので多少カメラを離さないと画角が狭いです。

あと気をつけないと行けないのは富士フィルムのすべてのカメラが対応しているわけではなく一部の機種になってます。おそらくコレはプロセッサーとか中の基盤が対応した部品が入っているかとか、そういった問題なんでしょうね。詳しくは知りません。

対応機種はこちら
GFX100、GFX 50S、GFX 50R、X-H1、X-Pro2、X-Pro3、X-T2、X-T3、X-T4

単純にネタとしても面白いので、ぜひやってみてください!

意味不明なカットでも意味ありげに見せられます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です